仲間と共に

マーチングは総合芸術と称されます。

目の見えない人には音で、耳の聞こえない人には動きで、話す言語が違う方にも想いを届ける事ができます。

100人の部員はもちろん、支えて下さるスタッフ、後援会、講師や応援をしてくれる多くの方々がいるからこそ、マーチングができます。1人でも欠けると完成しない、それがマーチングです。

だからこそ、一人一人に責任が発生し、仲間意識も通常以上に強くなると感じます。

就職活動の最終面接で、ある社長から、

「マーチングの1人の仲間を大切にする精神は素晴らしい。君は素晴らしい仲間と時間を過ごしてきたんだね。」

と言っていただきました。

社長はマーチングのことを全く知りません。

私が語った、“Pride of  SOKAの大好きな仲間たちと一緒に過ごした時を「素晴らしい」と認めて頂けたことが、本当に嬉しかったです。

Prideの仲間は、学業やアルバイトの他、多くの異なる場所で活躍しています。

誰かが迷っていれば、決断できるまで語り合い、その決断を心から応援してくれます。

だからこそ、全員大好きで、尊敬できます!!

Prideの仲間と出会えたこと、マーチングを通して多くの経験をすることができたことは、とても充実した、最高の日々でした。

私は、Pride of SOKAに入部し、他では味わうことのできない、かけがえのない4年間を過ごすことができました。

私は、Pride of SOKAが、そしてマーチングが大好きです!!

これからは、先輩方のように大好きなPrideを支え、Prideの誇りを胸に社会へと貢献して参ります。

最後になりましたが、Prideを応援してくださった多くの方々、先輩方、後輩のみんな、そして同期のみんな、本当に今までありがとうございました!

46期 Brass 岩崎健一

 

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


PAGE TOP
%d bloggers like this: