4年間の挑戦

創価大学に入学、Pride of SOKAに入部してから4年。あっという間に卒業の時を迎えます。

Prideで過ごした4年間は、人生で経験した事の無い挑戦ばかりでした。

初心者としてマーチングに挑戦

音楽経験も無い超初心者の私。技術が伸びないことに悩み続けました。マーチングは向いていないと、何度も辞めようと思いました。

しかし、トランペットからバリトンにコンバートし、自分に合った楽器と出会えたことで音楽やマーチングの楽しさを知り、心から楽しめるようになりました。

自宅生としての挑戦

片道2時間かかる自宅生として、4年間を過ごしました。特に朝早く起きることが、一番苦しかったです。毎日、眠い自分との戦いでした。しかし、今では、朝はとても強くなりました。4年間で、遅刻した事は一度もありません。これは誇れる事だと自分でも思いますし、自分を強くしてくれたことの一つです。

大人数と関わることことへの挑戦

人と関わるのが苦手で、なるべくそういう事を避けてきました。Prideに入部しようと思った理由の一つは、そんな自分を変えたいと思ったからです。

正直、今でも人と接することはあまり得意ではありませんが、以前よりも上手く話せるようになりました。人と関わることへの恐怖心は、以前よりもかなり減らす事が出来ました。

嫌でも誰かとコミュニケーションを取らなければならない環境が、私を成長させてくれたと思っています。

「人は人でしか磨かれない」との先輩の言葉。

本当にその通りだと思います。

他にも、この4年間で色々な挑戦をしました。

上級生として後輩を育てること。

執行期として責任をもつこと。

バリトンでたった一人の最上級生という挑戦

本当に挑戦だらけの濃い4年間でした。このような多くの挑戦に臨めたのも、信頼できる先輩、同期、後輩がいつも隣にいてくれたからだと心の底から思います。本当に感謝してもし切れません。

このPride of SOKAは、人生の原点です。

卒業し社会人になりますが、ここで得た学び、経験を必ず活かす決意です。

4年間私を大きく成長させて下さり、本当にありがとうございました。

46 Brass 羽二塚直輝

 

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


PAGE TOP
%d bloggers like this: