人間成長したい

「人間成長したい」

それが、私がプライドに入った理由です。

昔から内気で人前で話すことが苦手だった私。
そんな自分が嫌いで悩んでいると、プライドの先輩に、

「プライドで一緒に人間成長しよう」

と言われ、入部を決意しました。

この4年間のプライドでの経験は私にとってかけがえのないものです。

プライドは私にとって「様々な経験を乗り越えることで成長できる場」であり、「たくさんの素敵な人に出会える場」でした。

一年目。
バリトンが重くて持てないし、苦手な筋トレやランニングが辛いし、ドリルや楽譜を覚えるのが大変!!そんな厳しい練習についていくのは大変だったけれど、優しく温かく全てを受け止めてくれた先輩がいたから、毎日練習に行くのが楽しみでした。

二年目。
自分の意見を伝え、練習をつくっていけるようになりました。できることも増えたし、もっと部活のために頑張るぞ!そう思っていた時、手術が必要なほどの足の怪我をしてしまいました。何もできない悔しさから、あんなに大好きだった部員が嫌いになりそうになりました、、

そんな私を、同期やパートの部員が救ってくれました。

「あいあいと一緒に大会に出たい」
「あいあいがいないと寂しいよ」

嬉しすぎる言葉であふれる動画を観たとき、本当にプライドに入ってよかったと思いました。その動画は今でも宝物です。

三年目。
「二年目にできなかったことを執行期として果たそう!みんなを全国大会に連れて行こう!」
そんな熱い気持ちでみなぎっていた矢先、新型コロナウイルスによって、前代未聞のオンラインでの練習が始まりました。

何もかも手探りな中、それでもより良い練習をつくりたい!
そう思って執行期みんなで奮闘していましたが、オンラインが続き、退部する部員が増えたり、様々な問題により大好きな同期が活動できなくなってしまったり…。

「どうして私たちが執行の時にこんな魔が襲ってくるんだろう」
苦しい一年でしたが、なんとかメインショーも作り上げ、シーズンを終えることができました。48期だからこそ乗り越えられたと思います。ありがとう。

四年目。
10月下旬、嬉しいことに対面10時間練習ができて、JapanCupにも出場できました。短時間でショーを作るなんて初めてだったけど、楽しかったです。大好きなトロンボーンでショーに入れることもとても楽しかったです。

朝が弱くて何度も寝坊して、迷惑をかけたのに、どうやったら起きられるか一緒に考えてくれた先輩。今は起きられるようになりました。
可愛い可愛い後輩や、頼もしすぎてかっこいい同期の存在が私の支えでした。

この4年間で、入部当初よりも確実に変わったし、少しは成長できたかなと思います。
入部する前はあんなに人前で話すことが苦手だったのに、今では積極的にプライドやみんなのために行動できています。

これからも、このプライドでの経験や支えてくださった方々への感謝を忘れず、日々人間成長していきます。
永遠にプライドが大好きです。応援しています。

48期 Brass Baritone 畑中藍

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


PAGE TOP
%d bloggers like this: