自分の人生は人生でつくる

私は小学校教諭になりたいとの思いで、3年次に創価女子短期大学現代ビジネス学科から創価大学教育学部教育学科に編入学をしました。

短大時代から、創価大学に入ったら絶対にPrideに入る!誰もできないような成長をしてやる!と決めていたため、編入学と同時に何の迷いもなくPrideに入部をしました。  

ある程度の忙しさはもちろん覚悟していましたが、その忙しさは想像を絶するものでした。毎日45つの授業があり、課題も膨大。平日だけでなく土日も部活があるため、課題や勉強をやっている暇はほとんどありませんでした。平日はお昼ご飯を食べながら勉強。帰宅後も休む間もなく課題。友達と遊びに行く余裕も、自主練に行く余裕も、バイトをする余裕もありませんでした。

そんな生活を繰り返していたため、ついには心身ともに疲れ果ててしまいました。学校にも部活にも行けなくなりました。

そんな中で、Prideの先輩方に「人を頼りなさい。周りにはたくさん仲間がいるから」と言われ、そこで初めて意地になって自分の殻に閉じこもっていたことに気づきました。

それからというもの、学校にも行けるようになり、人に頼れる自分・自分をさらけ出せる自分に変化しました。自分自身が変化したのも、Prideの仲間を通した、経験・挫折・成長があったからです。

自分の人生は自分でつくるもの。どんな人生をつくりたいか、どんな人になりたいのか。それは所属する団体、仲間、自分自身のその団体への関わり方で大きく変化します。変わりたかったら行動するしかない。人と関わるしかない。それをPrideで学びました。

Prideのみんな!ここまで私を成長させてくれてありがとうございました!たくさんの経験と成長を与えてくださったすべての方に感謝して、今後は小学校教諭として、世界中のすべての子どもたちに笑顔と成長を届けていける人へ成長してまいります。

45期 Front pit 藤崎藍

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


PAGE TOP
%d bloggers like this: