憧れた未来は

「大人数でマーチングがしたい、全国の景色をみてみたい」

創価大学に入学し、憧れのPride of SOKA に入部し、大学生活の全てを捧げた4年間でした。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

Prideの温かさを知った1年目。

技術を伸ばすことの楽しさを知った2年目。

当たり前は当たり前ではないことを強く実感した3年目。

“今”を大切にし、全てに全力でぶつかった4年目。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

これほど本気で喜んだり、怒ったり、悲しんだり、笑ったりしたのは初めてでした。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

”本気になる“

それはとても勇気のいることだと思います。

本気でやるからこそ、悩み、苦しむ。

立ちはだかる壁も多く、その壁から何度も逃げ出したくなる。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

しかし、本気でやるからこそ、隣にいる仲間と共にマーチングができる喜びやみんなで何かを成し遂げた時の達成感は大きくなり、また挑戦したいという気持ちに繋がる。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

今、振り返ると、Prideでの4年間は、「とにかく大好きなPrideの仲間とマーチングがしたい」という一心で、本気で戦い続けた日々でした。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

思うように動くことができない自分の不甲斐なさに、毎日のように泣き、時に逃げ出したこともありました。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

しかし、何度挫けても、何度逃げても、再び本気で立ち向かう勇気を与えてくれる人達がいました。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

それは、

どんな環境であってもPrideに入部を決意し、必死に食らい付いてきてくれた後輩達。

こんな生意気な後輩を見捨てないでくださった先輩方。

何があっても隣にいてくれた同期のみんな。

どんな時も支えてくださったスタッフさん・後援会の方々。

全てを受け止めてくれた家族でした。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

こんなにも自分を支えてくれる人がいたから、

勇気を与えてくれる人がいたから、

最後の最後まで本気で戦い続けることができました。

自分を支え続けてくださった全ての方々に感謝の想いでいっぱいです。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

Prideには、

本気でぶつかった時に共に喜んでくれる人がいます。

共に悲しんでくれる人がいます。

そして、共に戦ってくれる人がいます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

Prideは一人ひとりが心から本気になれる場所です。

このクラブで活動した4年間は、私の誇りです。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

卒業後は、本気で何かに向き合う勇気を人に与えられるように、自分で決めた道を一生懸命歩んでいきます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

憧れのPride of SOKAで、大好きなみんなとマーチングができて本当に幸せでした。

4年間、本当にありがとうございました。

48期 Brass Euphonium 武田直美

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


PAGE TOP
%d bloggers like this: