何のため

 

何のために、創価大学に入学し、

何のために、プライドに入部したのか。

 

そして、今、

自分は、何のためにプライドにいるのか。

 

その答えを、探し続けた4年間でした。

 

 

そして私は、

『人は誰かのために動く時、最も力を発揮できる』

ということを学びました。

 

 

創価大学には、プライドには、

誰かのために、一生懸命になれる
誰かのために、励ましを送る

大きな志を持った人が、たくさんいます。

 

私は、そんな団体の一員であれたことを、誇りに思います。

 

 

人を、想うこと。
人を、信じるということ。

 

当たり前のように見えて、それはとても尊く、勇気のいることです。

 

 

自分の知らなかった相手の一面に、傷つくこともあるかもしれません。

ですが、今の私があるのは、あの時信じた仲間がいるからです。

 

『誰かを信じることは、自分自身を信じること』

 

 

春からは、中学校教員として、どこまでも生徒を信じ、生徒と共に、生涯学び抜く決意です。

 

48期 Mellophone 石上晴菜

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


PAGE TOP
%d bloggers like this: